合同若手シンポジウム のお知らせ

毎年恒例の「次世代脳・冬のシンポジウム」が、12/12-14に学術総合センターで行われます。

12/14(金)午後に3班合同若手シンポジウムが予定されておりますので皆さま奮ってご参加ください。

詳しいプログラムはHP(http://www.nips.ac.jp/brain-commu/2018/outline2018.html)をご覧下さい。

 

主催:次世代脳プロジェクト (project supported by 新学術領域研究)  

日時:平成30年12月12日(水)~12月14日(金) 

場所:一橋大学 一橋講堂 学術総合センター2F アクセス

「CSHA2018 サテライトシンポジウム 」が開催されました

CSHA2018の前日に大阪大学中之島センターにて開催されました。海外からはCSHA2018シンポジスト2名を含む4名の先生方が発表されました。ご尽力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

 

-Jay Z Parrish (University of Washington), Pierre Vanderhaeghen (VIB),
Frank Bradke (DZNE), Mizumoto (University of British Columbia)

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0045.jpg

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0010.jpg http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0044.jpg

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0012.jpg http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0007.jpg

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0023.jpg http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/10/W600Q75_IMG_0034.jpg

 

CSHA2018 サテライトシンポジウム のお知らせ

「Cold Spring harbor Asia 2018 サテライトシンポジウム」を以下の通り開催しますので
皆さま奮ってご参加ください。

 

主催:新学術領域「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」 

日時:平成30年9月24日(月) 

場所:大阪大学中之島センターアクセス

内容:プログラムはこちらから

「S&B国際教育プログラム」が開催されました

2日間にわたるシンポジウムには海外からのゲストスピーカー4名(米国、ドイツ、中国、オーストラリア)の他、40名以上の若手研究者の参加があり、盛況の中無事閉幕いたしました。
若手研究者による運営、発表に加え、宮脇敦史先生(理化学研究所)に特別講演をしていただき、サイエンスをエンジョイし、国内外問わず交流・親睦の深まる機会となりました。ご尽力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1097-640x427-e1530154981977.jpg

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1088-640x480-e1530154740676.jpg  http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1091-2-640x480-e1530154816897.jpg

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1096-2-640x480-e1530154880906.jpg  http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1102-2-640x480-e1530154916397.jpg

 

http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1099-2-640x480-e1530155024972.jpg  http://www.scrapandbuild.bs.s.u-tokyo.ac.jp/wpsite/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1101-640x427-e1530155128711.jpg

S&B国際教育プログラム のお知らせ

新学術領域「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」におけるキーワード「若手育成」「国際化」「融合研究」「新技術」等、すべて満たす欲張りな企画として「S&B国際教育プログラム」を立ち上げることとなりました。下記の通りシンポジウムを開催しますので、奮ってご参加ください。主に海外の若手研究者(ポスドク・大学院生)と、日本の若手研究者(若手教員・ポスドク・学生)が一同に会し、施設・技術・研究室の見学、また、それぞれの研究室で議論・共同研究打ち合わせ等を行う機会になりますよう予定しております。

 

日時: 2018年6月21日(木)~22日(金) 

場所: 理化学研究所和光キャンパス脳神経科学研究センター アクセス

 

内容:

1. 特別講演 宮脇敦史先生(理化学研究所)を予定しています

2. 現在決定している海外(世界中)からの若手招待者(研究員・ポスドク・大学院生)は下記です

Miao Wang (PI: Xiang Yu, Institute of Neuroscience, SIBS, CAS, China)
http://www.ion.ac.cn/laboratories/int.asp?id=36

Kevin Mann (PI: Tom Clandinin, Stanford U, USA)
https://flyvisionlab.weebly.com/

Sofia Grade (PI: Magdalena Götz, HelmholtzZentrum Munchen, Germany)
https://www.helmholtz-muenchen.de/

Rodrigo Suárez (PI: Linda Richards, Queensland Brain Institute, Australia)
https://qbi.uq.edu.au/richardsgroup

「透明化イメージング講習会」が開催されました

2日間にわたる実習は、30名もの方にご参加いただき無事閉幕いたしました。
ご参加、ご尽力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

IMG_5792

 

技術講習会:精神疾患モデルマウスに関する講習会

・講師:Dr. Ipek YALCIN(Institute of Cellular and Integrative Neurosciences)

 

・とき:2018年3月8日 (木) 14:00開始, 17:00頃まで

 

・ところ:日本科学未来館 ・研究棟

 

・開催者:新学術領域研究「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」 主催

 

・内容:うつ病患者の死後脳・海馬においてC1qファミリー分子の有意な発現変化がみられること(Lanz et al., Plos One, 2015)をはじめとして、スパインのスクラップ&ビルドの破綻が、うつ病に関与していることを示唆する知見が近年注目されています(Cheng et al., Mol Psychiatry, 2017; Pirooznia et al., Mol Psychiatry, 2016)。うつ病は5-15%ぐらいの人が生涯に1回は罹患するといわれる身近な疾患ですが、同病において脳内に何が起きているかはよく分かっていません。うつ病の病態解明と治療方法の開発には、臨床的妥当性のより高いモデル動物の開発が重要と考えられています。cuff modelは、簡易に作製でき、かつ、臨床的妥当性が高いと評価されてるモデルです。本講習会では、cuff modelを開発したIpek YALCIN博士をお招きし、同モデルについての講義などを行っていただきます。

 

・参考文献:
Yalcin I, Bohren Y, Waltisperger E, Sage-Ciocca D, Yin JC,
Freund-Mercier MJ, Barrot M., A time-dependent history of mood
disorders in a murine model of neuropathic pain. Biol. Psychiatry.
2011;70:946–953.

 

・申し込み方法:

[対象]:脳科学研究、特にスクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御や、モデル動物を用いた精神疾患研究に関わる、あるいは関心のある大学・研究機関、企業等に所属する研究者、技術者、学生等。本領域の班員以外も参加可能ですが、応募多数の場合、班員を優先させていただく場合があります。当日は、職員証など顔写真付きの身分証明書をお持ちください。

[定員]:約10名

[申し込み方法]:件名「講習会参加希望」として、メール本文に氏名、所属、連絡先、ResearchMapアドレス(ある場合)を記載し、下記申し込み先までお送りください。

[締め切り]:2月23日(金)

 

・申し込み・問い合わせ先:

小清水 久嗣(藤田保健衛生大学 助教)

koshimiz[at]fujita-hu.ac.jp *[at]を@に変換してください。

 

Joint Mini-Symposium on Pain, Emotion and Plasticity

Time and Date: 16:50-19:00, Wednesday 7 March, 2018
Venue: South Lecture Hall, Jikei University School of Medicine

 

Program

16:50

 Opening Remarks (Kazuo Emoto, University of Tokyo)
   Session Chair: Tsuyoshi Miyakawa (Fujita Health University)

 

17:00
 Mariko Miyata

    (Department of Physiology, Tokyo Women’s Medical School)
   Representation of nociceptive stimuli within rodent primary somatosensory cortex

17:25
 Fusao Kato

   (Center for Neuroscience of Pain, Jikei University School of Medicine)
   The painful outcome of nociceptive amygdala plasticity in the inflammatory pain
   Session Chair: Fusao Kato (Jikei University)

 

18:00
 Ipek Yalcin-Christmann

   (Institut des Neurosciences Cellulaires et Integratives, L’Université de Strasbourg, France)

   The comorbidity of chronic pain and mood disorders:
   a special focus on the anterior cingulate cortex

 

18:50
 Closing Remarks (Fusao Kato, Jikei University)

 

会場
東京慈恵会医科大学
高木2号館 地下1階 南講堂
東京都港区西新橋3-25-8
問い合わせ:03-3433-1111 内線2396

東京慈恵会医科大学 痛み脳科学センター(代表 加藤総夫)

kayo.miyata[at]jikei.ac.jp

 

Flyer

透明化イメージング講習会のお知らせ

新学術領域「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」の技術講習会の一環として、下記の通り透明化イメージング講習会を開催します。主にマウス脳を透明化して高解像3D蛍光イメージングをするためのノウハウについて講習します。

 

日時: 2018年3月13日(火)13時~14日(水)12時頃

 

場所: 九州大学医学部(馬出キャンパス) 今井研 アクセス

 

内容(仮):

1. 様々な染色法、透明化法、イメージング法の紹介(レクチャー)
(whole brain, 脳スライス、ショウジョウバエ脳、超解像まで)
2. 固定マウス脳スライスの作成と、SeeDB2を用いた透明化(以下、実習)
3. 樹状突起スパインの高解像イメージング
4. 神経細胞の再構築と樹状突起スパインの定量解析
5. consultation

 

参加希望者はPIの了承のもと、メール件名を「透明化イメージング講習参加希望」として、下記内容を明記のうえ、今井( t-imai[at]med.kyushu-u.ac.jp)までご連絡ください。応募締切は2月23日(金)。

①氏名、②所属、ラボ名、③身分、④emailアドレス、⑤特に習いたいこと(ある人のみ)、⑥夜の部参加希望(4000円程度、近隣の居酒屋)

宿泊については各自で近隣ホテル等の手配をお願いします。